2023/04/04 更新

写真a

オカモト マサノリ
岡本 昌憲
Masanori Okamoto
所属
研究推進機構 バイオサイエンス教育研究センター 准教授
地域創生科学研究科 博士前期課程 工農総合科学専攻 分子農学プログラム 准教授
東京農工大学大学院 連合農学研究科 博士後期課程 生物生産科学専攻 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(理学) ( 2006年3月   東京都立大学 )

研究キーワード

  • 植物ホルモン

  • アブシシン酸

  • 乾燥ストレス

  • 耐乾性

  • 気孔開閉

  • 種子休眠と発芽

  • ケミカルバイオロジー

  • コムギ

  • シロイヌナズナ

  • 分子育種

  • ホルモン受容体

研究分野

  • ライフサイエンス / 植物分子、生理科学

  • ライフサイエンス / 応用生物化学

経歴

  • 理化学研究所   環境資源科学研究センター   チームリーダー

    2022年4月 - 現在

  • 宇都宮大学   バイオサイエンス教育研究センター   准教授

    2019年7月 - 現在

  • 宇都宮大学   バイオサイエンス教育研究センター   助教

    2017年4月 - 2019年6月

  • 日本学術振興会   卓越研究員

    2017年4月 - 2019年3月

  • 科学技術振興機構   さきがけ研究員

    2015年12月 - 2019年3月

  • 鳥取大学   乾燥地研究センター   助教

    2013年3月 - 2017年3月

  • カリフォルニア大学リバーサイド校, 日本学術振興会   海外特別研究員

    2011年10月 - 2013年2月

  • 岡山大学(カリフォルニア大学リバーサイド校留学) 日本学術振興会   特別研究員 PD

    2010年4月 - 2011年9月

  • 理化学研究所   基礎科学特別研究員

    2007年4月 - 2010年3月

  • 日本学術振興会   特別研究員 PD

    2006年4月 - 2007年3月

  • 日本学術振興会   特別研究員 DC2

    2005年4月 - 2006年3月

  • 理化学研究所   ジュニアリサーチアソシエート

    2004年4月 - 2005年3月

▼全件表示

所属学協会

  • 日本植物生理学会

    2013年 - 現在

  • 植物化学調節学会

    2013年 - 現在

  • 日本植物学会

    2021年4月 - 現在

  • 日本育種学会

    2019年2月 - 現在

留学歴

  • 2011年10月 - 2013年2月   カリフォルニア大学リバーサイド校   日本学術振興会 海外特別研究員

  • 2010年4月 - 2011年9月   カリフォルニア大学リバーサイド校   日本学術振興会 特別研究員 PD

 

論文

  • Genomic prediction modeling of soybean biomass using UAV-based remote sensing and longitudinal model parameters. 査読

    Yusuke Toda, Akito Kaga, Hiromi Kajiya-Kanegae, Tomohiro Hattori, Shuhei Yamaoka, Masanori Okamoto, Hisashi Tsujimoto, Hiroyoshi Iwata

    The Plant Genome   14 ( 3 )   e20157   2021年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/tpg2.20157

  • Click-to-lead design of a picomolar ABA receptor antagonist with potent activity in vivo. 国際共著

    Aditya S Vaidya, Francis C Peterson, James Eckhardt, Zenan Xing, Sang-Youl Park, Wim Dejonghe, Jun Takeuchi, Oded Pri-Tal, Julianna Faria, Dezi E

    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America   118 ( 38 )   e2108281118   2021年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.2108281118

  • Ligand-receptor interactions in plant hormone signaling 査読

    Okamoto M.

    Plant Journal   2021年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dynamic control of plant water use using designed ABA receptor agonists. 査読

    Vaidya AS Helander JDM. Okamoto M. Cutler SR.

    Science   366   aaw8848   2019年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Aberrant protein phosphatase 2C leads to abscisic acid insensitivity and high transpiration in parasitic Striga. 査読

    Nature Plants   2019年3月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Tuning water use efficiency and drought tolerance using abscisic acid receptors. 査読

    Nature Plants   2019年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • AtPep3 is a hormone-like peptide that plays a role in the salinity stress tolerance of plants. 査読

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA.   2018年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • NIN-like protein 8 is a master regulator of nitrate-promoted seed germination in Arabidopsis. 査読

    Nature Communications   7   13179   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Designed abscisic acid analogues as antagonists of PYL-PP2C receptor interactions. 査読

    Nature Chemical Biology   10   477 - 482   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Small coding genes associated with morphogenesis are hidden in plant genomes. 査読

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA.   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Activation of dimeric ABA receptors elicits guard cell closure, ABA-regulated gene expression, and drought tolerance. 査読

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA.   2013年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

MISC

  • 乾燥ストレス耐性を付与する分子の開発

    岡本 昌憲

    日本農薬学会誌   46 ( 2 )   122 - 128   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:日本語   掲載種別:速報,短報,研究ノート等(学術雑誌)  

    DOI: 10.1584/jpestics.W21-36

    その他リンク: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjpestics/46/2/46_W21-36/_article/-char/ja/

  • アブシシン酸受容体の利用による節水性と耐乾性を兼ね備えたコムギの開発

    妻鹿 良亮 岡本昌憲

    植物の生長調節   55   126 - 130   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

  • アブシシン酸アゴニストの理論設計

    岡本昌憲 竹内純 轟泰司

    植物の生長調節   55 ( 1 )   44 - 45   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:植物化学調節学会  

  • 寄生植物ストライガの養水分奪取機構の解明

    岡本昌憲 藤岡聖 杉本幸裕

    化学と生物   2020年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)  

講演・口頭発表等

  • アブシシン酸不活性化酵素変異株の機能解析から見出した新たなアブシシン酸の生理作用

    岡本昌憲

    日本植物学会第85回大会  2021年9月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年9月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

  • コムギにおける乾燥ストレス応答に対する代謝産物の包括的解析

    Weng Y.、金 俊植、 妻鹿良亮、辻本壽、岡本昌憲

    第63回日本植物生理学会年会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

  • うどんこ病感染過程におけるコムギの代謝産物蓄積と植物ホルモン含有量の経時的変化の解析

    佐藤佑樹, 嶋崎太一, Weng Y., 金俊植, 二瓶賢一, 岡本昌憲

    日本育種学会第141回講演会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • コムギにおけるアブシシン酸受容体がもたらすうどんこ病菌抵抗性形質の分子生物学的解析

    嶋崎太一, 金俊植, 妻鹿良亮, 安倍史高, 宮本皓司, 山根久和, 二瓶賢一, 吉田健太郎, 岡本昌憲

    日本育種学会第141回講演会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • コムギにおける乾燥ストレス応答に対する代謝産物の包括的解析

    Weng Y.、金 俊植、 妻鹿良亮、辻本壽、岡本昌憲

    日本育種学会第141回講演会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • 寄生雑草ストライガのアブシシン酸シグナル伝達因子脱リン酸化酵素遺伝子の機能解析

    福原大晶,藤岡聖,杉本幸裕,岡本昌憲

    第63回日本植物生理学会年会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • シロイヌナズナにおけるアブシシン酸生合成鍵酵素遺伝子変異株の生理化学的解析

    中野美波, 川上直人, 岡本昌憲

    第63回日本植物生理学会年会  2022年3月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年3月

    会議種別:口頭発表(一般)  

  • アブシシン酸受容体に作用する分子開発 招待

    岡本昌憲

    生物刺激制御研究会  2021年6月 

     詳細を見る

    開催年月日: 2021年6月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

▼全件表示

研究活動に関する受賞

  • 日本学術振興会賞

    2021年   日本学術振興会   物ホルモンのアブシシン酸の作用機構解明と応用

    岡本昌憲

  • 植物化学調節学会 企業推薦賞

    2019年   植物化学調節学会   アブシシン酸受容体がもたらすコムギ病害抵抗性機構の解析.

    嶋崎太一、金俊植、妻鹿良亮、安倍史高、山根久和、吉田健太郎、岡本昌憲

  • 文部科学大臣表彰若手科学者賞

    2017年   文部科学省   アブシジン酸の代謝と受容に関する研究

    岡本 昌憲

  • Highly Cited Researcher 2017

    2017年   Clarivate Analytics社   高被引用論文著者

    Masanori Okamoto

  • Highly Cited Researcher 2016

    2016年   Clarivate Analytics社   高被引用論文著者

    Masanori Okamoto

  • 植物化学調節学会 奨励賞

    2015年   植物化学調節学会   アブシジン酸の代謝と受容に関する化学遺伝学的研究

    岡本 昌憲

▼全件表示

共同研究・競争的資金等の研究

  • アブシシン酸制御剤の創出と応用による種子の二次休眠誘導機構の解明と休眠制御

    研究課題/領域番号:22H02272  2022年4月 - 2026年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:130000円 ( 直接経費:100000円 、 間接経費:30000円 )

  • コムギにおけるアブシシン酸受容体を介した病害抵抗性の制御機構の解明

    研究課題/領域番号:22H02297  2022年4月 - 2026年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

  • フェアリー分子の情報伝達解明のための分子遺伝学的研究

    研究課題/領域番号:22K19323  2022年4月 - 2025年3月

    科学研究費補助金  挑戦的研究(萌芽)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:6370000円 ( 直接経費:4900000円 、 間接経費:1470000円 )

 

授業

  • 植物と化学  A001555

    2022年度  ( 大学 )

  • 分子生命科学Ⅰ /Molecular Life Science Ⅰ   A000055

    2021年度  ( 大学 )

  • 応用生命化学実験Ⅱ  A001505

    2021年度  ( 大学 )

  • 分子植物生理学 /Molecular Aspects of Plant Physiology   B100314

    2021年度  ( 大学院 )

  • 文系のためのオプト・バイオサイエンス入門  B100007

    2021年度  ( 大学院 )

  • 植物と化学  A001555

    2021年度  ( 大学 )

  • 代謝制御化学  A000585

    2021年度  ( 大学 )

▼全件表示

 

メディア報道

  • 作物のストレス応答を制御する分子の開発に成功

    2021年9月

     詳細を見る

    Scienceに発表した植物耐乾性を向上させる分子の開発について