2023/11/09 更新

写真a

ノムラ タカヒト
野村 崇人
NOMURA Takahito
所属
研究推進機構 バイオサイエンス教育研究センター 准教授
研究推進機構 バイオサイエンス教育研究センター 生体分子解析部門長
地域創生科学研究科 博士前期課程 工農総合科学専攻 分子農学プログラム 准教授
東京農工大学大学院 連合農学研究科 博士後期課程 生物生産科学専攻 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(農学) ( 2000年3月   東京農工大学 )

研究分野

  • ライフサイエンス / 植物分子、生理科学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

経歴

  • 理化学研究所   環境資源科学研究センター   客員研究員

    2022年6月 - 現在

  • 前橋工科大学   非常勤講師

    2022年4月 - 現在

  • 宇都宮大学   バイオサイエンス教育研究センター   准教授

    2014年4月 - 現在

  • 東京農工大学   連合農学研究科   准教授

    2009年10月 - 現在

  • 宇都宮大学   雑草科学研究センター   准教授

    2008年11月 - 2014年3月

  • 帝京大学   理工学部   助教

    2007年4月 - 2008年10月

  • 理化学研究所   植物科学研究センター   研究員

    2003年4月 - 2007年3月

  • 帝京大学   理工学部   日本学術振興会特別研究員

    2000年4月 - 2003年3月

  • 東京農工大学   大学院連合農学研究科   日本学術振興会特別研究員

    1998年4月 - 2000年3月

▼全件表示

所属学協会

  • 日本植物学会

    2023年1月 - 現在

  • 日本農芸化学会

    2009年 - 現在

  • 日本植物生理学会

    1996年 - 現在

  • 植物化学調節学会

    1995年 - 現在

学協会・団体の委員歴

  • 内閣府食品安全委員会   専門委員  

    2020年4月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:政府

  • 植物化学調節学会   代議員  

    2020年11月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

  • 植物化学調節学会   編集委員  

    2013年10月 - 現在   

      詳細を見る

    団体区分:学協会

 

論文

  • Unveiling the complexity of strigolactones: Exploring structural diversity, biosynthesis pathways and signaling mechanisms. 招待 査読

    Nomura T., Seto Y., Kyozuka J.

    Journal of Experimental Botany   2023年11月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Identification of a Prunus MAX1 homolog as a unique strigol synthase. 査読 国際共著

    Wu S., Zhou A., Hiugano K., Yoda A., Xie X., Yamane K., Miura K., Nomura T., Li Y

    New Phytologist   239   1819 - 1833   2023年9月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A stereoselective strigolactone biosynthesis catalyzed by a 2-oxoglutarate-dependent dioxygenase in sorghum. 査読 国際共著

    Yoda A., Xie X., Yoneyama K., Miura K., McErlean C.S.P., Nomura T.

    Plant and Cell Physiology   64   1034 - 1045   2023年9月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • 植物特化代謝物の生合成研究 招待

    野村崇人

    アグリバイオ   7 ( 9 )   36 - 40   2023年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者, 責任著者   記述言語:日本語   掲載種別:論文集(書籍)内論文  

  • DIENELACTONE HYDROLASE LIKE PROTEIN1 negatively regulates the KAI2-ligand pathway in Marchantia polymorpha. 査読

    Kameoka H., Shimazaki S., Mashiguchi K., Watanabe B., Komatsu A., Yoda A., Mizuno Y., Kodama K., Okamoto M., Nomura T., Yamaguchi S., Kyozuka J.

    Current Biology   33   3505 - 3513   2023年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Heterologous expression of the lectin CmRlec from Cordyceps militaris (Cordycipitaceae, Ascomycota) in Escherichia coli. 査読

    Ono A., Zhang J., Tanaka Y., Sato C., Yoda A., Ogata M., Nomura T., Suzuki T.

    Biosci Biotechnol Biochem.   87 ( 7 )   742 - 746   2023年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Synthesis of carlactone derivatives to develop a novel inhibitor of strigolactone biosynthesis. 査読

    Kawada K., Saito T., Onoda S., Inayama T., Takahashi I., Seto Y., Nomura T., Sasaki Y., Asami T., Yajima S., Ito S.

    ACS Omega   8 ( 5 )   13855 - 13862   2023年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Canonical strigolactones are not the major determinant of tillering but important rhizospheric signals in rice. 査読 国際共著

    Ito S., Braguy J., Wang JY., Yoda A., Fiorilli V., Takahashi I., Jamil M., Felemban A., Miyazaki S., Mazzarella T., Chen G.E., Shinozawa A., et al.

    Science Advances   8 ( 44 )   eadd1278   2022年11月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1126/sciadv.add1278

  • Production and stably maintenance of strigolactone by transient expression of biosynthetic enzymes in Nicotiana benthamiana. 査読

    Yata A., Nosaki S., Yoda A., Nomura T., Miura K.

    Frontiers in Plant Science   13   1027004   2022年10月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpls.2022.1027004

  • Supra-organismal regulation of strigolactone exudation and plant development in response to rhizospheric cues in rice 査読 国際共著

    Yoneyama K., Xie X., Nomura T., Yoneyama K., Bennett T.

    Current Biology   32 ( 16 )   3601 - 3608   2022年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cub.2022.06.047.

  • An ancestral function of strigolactones as symbiotic rhizosphere signals 査読 国際共著

    Kodama K., Rich M.K., Yoda A., Shimazaki S., Xie X., Akiyama K., Mizuno Y., Komatsu A., Luo Y., Suzuki H., Kameoka H., Libourel C., Keller J., et al.

    Nature Communications   13 ( 1 )   3974   2022年7月

     詳細を見る

    担当区分:責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-022-31708-3

  • Origins and evolution of the dual functions of strigolactones as rhizosphere signaling molecules and plant hormones 査読

    Kyozuka J., Nomura T., Shimamura M.

    Current Opinion in Plant Biology   65   102154   2022年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.pbi.2021.102154

  • ストリゴラクトンの二面的機能, その起源と進化 招待

    経塚淳子, 野村崇人

    植物の生長調節   56 ( 2 )   63 - 70   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.18978/jscrp.56.2_63

  • Strigolactone biosynthesis catalyzed by cytochrome P450 and sulfotransferase in sorghum 査読 国際共著

    Yoda A., Mori N., Akiyama K., Kikuchi M., Xie X., Miura K., Yoneyama K., Sato-Izawa K., Yamaguchi S., Yoneyama Y., Nelson D.C., Nomura T.

    New Phytologist   232   1999 - 2010   2021年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nph.17737

  • Triflumizole as a Novel Lead Compound for Strigolactone Biosynthesis Inhibitor 査読

    Kawada K., Uchida Y., Takahashi I., Nomura T., Sasaki Y., Asami T., Yajima S., Ito S.

    Molecules   25   E5525   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/molecules25235525

  • Chemical identification of 18-hydroxycarlactonoic acid as an LjMAX1 product and in planta conversion of its methyl ester to canonical and noncanonical strigolactones in Lotus japonicus 査読

    Mori N., Sado A., Xie X., Yoneyama K., Asami K., Seto Y., Nomura T., Yamaguchi S., Yoneyama K., Akiyama K.

    Phytochemistry   174   112349   2020年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.phytochem.2020.112349

  • Hydroxyl carlactone derivatives are predominant strigolactones in Arabidopsis 査読 国際共著

    Yoneyama K., Akiyama K., Brewer P.B., Mori N., Kawano-Kawada M., Haruta S., Nishiwaki H., Yamauchi S., Xie X., Umehara M., Beveridge C.A. Nomura T.

    Plant Direct   e00219   2020年5月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/pld3.219

  • Do phosphate and cytokinin interact to regulate strigolactone biosynthesis or act independently? 査読

    Yoneyama K., Xie X., Nomura T, Yoneyama K.

    Frontiers in Plant Science   11   438   2020年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3389/fpls.2020.00438

  • Identification of two oxygenase genes involved in the respective biosynthetic pathways of canonical and non?canonical strigolactones in Lotus japonicus 査読

    Mori N., Nomura T., Akiyama K.

    Planta   251   40   2020年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00425-019-03332-x

  • Regulation of biosynthesis, perception, and functions of strigolactones for promoting arbuscular mycorrhizal symbiosis and managing root parasitic weeds 査読

    Yoneyama K., Xie X., Yoneyama K., Nomura T., Takahashi I., Asami T., Mori N., Akiyama K., Kusajima M., Nakashita H.

    Pest Manag Sci.   75   2353 - 2359   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1002/ps.5401

  • Genome sequence of Striga asiatica provides insight into the evolution of plant parasitism 査読 国際共著

    Yoshida S., Kim S., Wafula E.K., Tanskanen J., Kim Y., Honaas L., Yang Z., Spallek T., Conn11 C.E., Ichihashi Y., Cheong K., Cui1 S., Der J.P., et al.

    Current Biology   29   3041 - 3052   2019年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.cub.2019.07.086

  • Lotuslactone, a non-canonical strigolactone from Lotus japonicus 査読

    Xie X., Mori N., Yoneyama K., Nomura T., Uchida K., Yoneyama K., Akiyama K.

    Phytochemistry   157   200 - 205   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.phytochem.2018.10.034

  • Overexpression of the vascular brassinosteroid receptor BRL3 confers drought resistance without penalizing plant growth. 査読 国際共著

    Fàbregas N., Lozano-Elena F., Blasco-Escámez D., Tohge T., Martínez-Andújar C., Albacete A., Osorio S., Bustamante M., Riechmann J.L., et al.

    Nature Communications   9   4680   2018年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41467-018-06861-3

  • Conversion of carlactone to carlactonoic acid is a conserved function of MAX1 homologs in strigolactone biosynthesis 査読

    Yoneyama K., Mori N., Stao T., Yoda A., Xie X., Okamoto M., Iwanaga M., Ohnishi T., Nishiwaki H., Asami T., Yokota T., Akiyama K., et al.

    New Phytologist   218   1522 - 1533   2018年6月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nph.15055

  • Which are the major players, canonical or non-canonical strigolactones? 査読 国際共著

    Yoneyama K., Xie X., Yoneyama K., Kisugi T., Nomura T., Nakatani Y., Akiyama K., McErlean C.S.P.

    J. Exp. Bot.   69 ( 9 )   2231 - 2239   2018年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/jxb/ery090

  • RNA-Seq using bulked recombinant inbred line populations uncovers the importance of brassinosteroid for seed longevity after priming treatments 査読

    Sano N., Kim J.-S., Onda Y., Nomura T., Mochida K., Okamoto M., Seo M.

    Scientific Reports   ( 7 )   8095   2017年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1038/s41598-017-08116-5

  • Methyl zealactonoate, a novel germination stimulant for root 1 parasitic weeds produced by maize 査読 国際共著

    Xie X., Kisugi T., Yoneyama K., Nomura T., Akiyama K., Uchida K., Yokota T., McErlean C.S.P., Yoneyama K.

    J. Pestic. Sci.   ( 42 )   58 - 61   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1584/jpestics.D16-103

  • Occurrence of brassinosteroids in non-flowering land plants, liverwort, moss, lycophyte and fern 査読

    Yokota T., Ohnishi T., Shibata K., Asahina M., Nomura T., Fujita T., Ishizaki K., Kohchi T.

    Phytochemistry   ( 136 )   46 - 55   2017年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.phytochem.2016.12.020

  • LATERAL BRANCHING OXIDOREDUCTASE acts in the final stages of strigolactone biosynthesis in Arabidopsis 査読 国際共著

    Brewer P.B., Yoneyama K., Filardo F., Meyers E., Scaffidi A., Frickey T., Akiyama K., Seto Y., Dun E.A., Cremer J.E., Kerr S.C., Waters M.T., et al.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   113 ( 20 )   6301 - 6306   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1601729113

  • Structure- and stereo-specific transport of strigolactones from roots to shoots 査読

    Xie X., Yoneyama K., Kisugi T., Nomura T., Akiyama K., Asami T., Yoneyama K.

    J. Pestic. Sci.   41   55 - 58   2016年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1584/jpestics.D16-009

  • Strigolactones are transported from roots to shoots, although not through the xylem. 査読

    Xie X., Yoneyama K., Kisugi T., Nomura T., Akiyama K., Asami T., Yoneyama K.

    J. Pestic. Sci.   40   214 - 216   2015年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1584/jpestics.D15-045

  • Difference in Striga-susceptibility is reflected in strigolactone secretion profile, but not in compatibility and host preference in arbuscular mycorrhizal symbiosis in two maize cultivars. 査読

    Yoneyama K., Arakawa R., Ishimoto K., Kim H.I., Kisugi T., Xie X., Nomura T., Kanampiu F., Yokota T., Ezawa T., Yoneyama K.

    New Phytologist   206   983 - 989   2015年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1111/nph.13375

  • Shoot-derived signals other than auxin are involved in systemic regulation of strigolactone production in roots 査読

    Yoneyama K., Kisugi T., Xie X., Arakawa R., Ezawa T., Nomura T., Yoneyama K.

    Planta   241   687 - 698   2015年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00425-014-2208-x

  • Carlactone is converted to carlactonoic acid by MAX1 in Arabidopsis and its methyl ester can directly interact with AtD14 in vitro 査読

    Abe S., Sado A., Tanaka K., Kisugi T., Asami K., Ota S., Kim H.I., Yoneyama K., Xie X., Ohnishi T., Seto Y., Yamaguchi S., Akiyama K., et al.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   111 ( 50 )   18084 - 18089   2014年12月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1410801111

  • Blue light-promoted rice leaf bending and unrolling are due to up-regulated brassinosteroid biosynthesis genes accompanied by accumulation of castasterone 査読

    Asahina M., Tamaki Y, Sakamoto T., Shibata K., Nomura T., Yokota T.

    Phytochemistry   104   21 - 29   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.phytochem.2014.04.017

  • 7α- and 7β-Hydroxyorobanchyl acetate as germination stimulants for root parasitic weeds produced by cucumber 査読

    Khetkam P., Xie X., Kisugi T., Kim H.I., Yoneyama K., Kisugi T., Uchida K., Yokota T., Nomura T., Yoneyama K.

    J. Pestic. Sci.   39   121 - 126   2014年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1584/jpestics.D14-038

  • Avenaol, a germination stimulant for root parasitic plants from Avena strigosa 査読 国際共著

    Kim H.I., Kisugi T., Khetkam P., Xie X., Yoneyama K., Uchida K., Yokota T., Nomura T., McErlean C.S.P., Yoneyama K.

    Phytochemistry   103   85 - 88   2014年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.phytochem.2014.03.030

  • Functional analysis of Arabidopsis CYP714A1 and CYP714A2 reveals that they are distinct gibberellin modification enzymes 査読 国際共著

    Nomura T., Magome H., Hanada A., Takeda-Kamiya N., Mander L.N., Kamiya Y., Yamaguchi S.

    Plant Cell Physiol.   54   1837 - 1851   2013年10月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/pcp/pct125

  • Nitrogen and phosphorus fertilization negatively affects strigolactone production and exudation in sorghum 査読

    Yoneyama K., Xie X., Kisugi T., Nomura T., Yoneyama K.

    Planta   238   885 - 894   2013年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s00425-013-1943-8

  • Strigone, isolation and identification as a natural strigolactone from Houttuynia cordata 査読

    Kisugi T., Xie X., Kim H.I., Yoneyama K., Sado A., Akiyama K., Hayashi H., Uchida K., Yokota T., Nomura T., Yoneyama K.

    Phytochemistry   87   60 - 64   2013年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.phytochem.2012.11.013

  • Confirming Stereochemical Structures of Strigolactones Produced by Rice and Tobacco 査読

    Xie X., Yoneyama K., Kisugi T., Uchida K., Ito S., Akiyama K., Hayashi H., Yokota T., Nomura T., Yoneyama K.

    Mol. Plant   6   153 - 163   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1093/mp/sss139

  • CYP714B1 and CYP714B2 encode gibberellin 13-oxidases that reduce gibberellin activity in rice 査読

    Magome H., Nomura T., Hanada A., Takeda-Kamiya N., Ohnishi T., Shinma Y., Katsumata T., Kawaide H., Kamiya Y., Yamaguchi S.

    Proc. Natl. Acad. Sci. USA   110   1947 - 1952   2013年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1073/pnas.1215788110

▼全件表示

書籍等出版物

  • Strigolactones

    Xie X., Yoneyama K., Nomura T., Yoneyama K.( 担当: 分担執筆 ,  範囲: Evaluation and Quantification of Natural Strigolactones from Root Exudates)

    Humana, New York  2021年5月 

     詳細を見る

    担当ページ:3-12   記述言語:英語   著書種別:学術書

    DOI: 10.1007/978-1-0716-1429-7_1

  • 新しい植物ホルモンの科学 第3版

    野村崇人, 横田孝雄( 担当: 共著 ,  範囲: 第7章 ブラシノステロイド)

    講談社  2016年11月  ( ISBN:978-4-06-153452-0

     詳細を見る

    記述言語:日本語   著書種別:教科書・概説・概論

産業財産権

  • ブラシノライド合成酵素

    野村崇人, 久城哲夫, 山口信次郎, 神谷勇治, 横田孝雄, Gerard Bishop

     詳細を見る

    出願番号:特許出願2004-298852  出願日:2004年10月

    特許番号/登録番号:特許4621468  登録日:2010年11月 

    出願国:国内  

  • 植物の形態調整方法(半わい性植物作出法)

    山口信次郎、野村崇人、真籠洋、神谷勇治

     詳細を見る

    出願番号:特開2009-065886  出願日:2007年9月

    出願国:国内  

  • ステビオール合成酵素遺伝子及びステビオールの製造方法

    山口信次郎, 野村崇人, 真籠洋, 神谷勇治

     詳細を見る

    出願番号:特開2008-237110  出願日:2007年3月

    出願国:国内  

  • ジベレリン代謝酵素

    山口信次郎, 野村崇人, 神谷勇治

     詳細を見る

    出願番号:特開2006-340611  出願日:2005年6月

    出願国:国内  

共同研究・競争的資金等の研究

  • 根寄生雑草防除の鍵となるストリゴラクトン生合成酵素の解明

    研究課題/領域番号:22H02269  2022年4月 - 2026年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者  資金種別:競争的資金

    配分額:17160000円 ( 直接経費:13200000円 、 間接経費:3960000円 )

  • フェアリー化合物の科学とその応用展開

    研究課題/領域番号:20H05620  2020年4月 - 2025年3月

    科学研究費補助金  特別推進研究

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:15899000円 ( 直接経費:12230000円 、 間接経費:3669000円 )

  • ストリゴラクトンを介した植物の環境情報と成長を統御するシステムの原型と進化

    研究課題/領域番号:20H05684  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(S)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:20800000円 ( 直接経費:16000000円 、 間接経費:4800000円 )

  • 植物の広範な病虫害抵抗性機構の解明

    研究課題/領域番号:20H02953  2020年4月 - 2023年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:1885000円 ( 直接経費:1450000円 、 間接経費:435000円 )

  • 根寄生雑草防除法の開発に向けたストリゴラクトン生合成酵素の機能解析

    研究課題/領域番号:19K05838  2019年4月 - 2022年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4420000円 ( 直接経費:3400000円 、 間接経費:1020000円 )

  • 枝分れ抑制ホルモンの単離・構造決定と機能解析および生合成経路の解明

    研究課題/領域番号:16H04914  2016年4月 - 2019年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(B)

      詳細を見る

    担当区分:研究分担者 

    配分額:1150000円 ( 直接経費:1150000円 )

  • ストリゴラクトン生合成経路から分岐する真の枝分かれ抑制ホルモン

    研究課題/領域番号:15K07093  2015年4月 - 2018年3月

    科学研究費補助金  基盤研究(C)

      詳細を見る

    担当区分:研究代表者 

    配分額:4940000円 ( 直接経費:3800000円 、 間接経費:1140000円 )

▼全件表示

 

授業

  • 植物の生命科学  A000818

    2022年度  ( 大学 )

  • 分子植物生理学  B100314

    2022年度  ( 大学院 )

  • 植物の生命科学  A000818

    2021年度  ( 大学 )

  • 分子植物生理学  B100314

    2021年度  ( 大学院 )