2023/05/02 更新

写真a

イワナガ マサシ
岩永 将司
IWANAGA Masashi
所属
農学部 生物資源科学科 教授
農学部 生物資源科学科長
研究推進機構 バイオサイエンス教育研究センター 教授
東京農工大学大学院 連合農学研究科 博士後期課程 生物生産科学専攻 教授
地域創生科学研究科 博士前期課程 工農総合科学専攻 農業生産環境保全学プログラム 教授
職名
教授
プロフィール
宇都宮大農学部を1996年に卒業し、理化学研究所や東京大学、化学メーカーを経て、2005年に母校に戻ってきました。これまで、生体中の生理活性物質の精製や、ウイルスの遺伝子解析、組換えウイルスや組換え生物による物質生産などを行ってきました。現在は昆虫ウイルスの増殖メカニズムについて研究しています。ウイルスは時に軍隊のように、時にスパイのように振る舞って、数日で宿主を制圧してしまいます。その過程にどんなドラマがあるのか興味が尽きません。研究には遺伝子工学や生化学の技術を用いていますが、これらの技術は昆虫ウイルスだけでなく、あらゆる生物を対象に利用できますので、研究室のOBは多様な分野で活躍されています。私たちと一緒にウイルスの不思議について明らかにしませんか?

学位

  • 農学博士 ( 2001年3月   東京大学 )

研究分野

  • 環境・農学 / 昆虫科学

 

論文

  • Expression and localization of Bombyx mori nucleopolyhedrovirus GP37 査読

    Shota Fujimoto, Kaito Fujimaki, Tomohiro Suzuki, Susumu Katsuma, Masashi Iwanaga

    Virus Genes   2023年3月

     詳細を見る

    担当区分:最終著者, 責任著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1007/s11262-023-01983-3

  • Whole-genome sequencing and comparative transcriptome analysis of Bombyx mori nucleopolyhedrovirus La strain 査読

    Fujimoto, S. Kawamoto, M. Shoji, K. Suzuki, Y. Katsuma, S.

    Virus Genes   2020年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Infectious virions of Bombyx mori latent virus are incorporated into Bombyx mori nucleopolyhedrovirus occlusion bodies 査読

    Tsukui, K. Yagisawa, C. Fujimoto, S. Ogawa, M. Kokusho, R.

    Viruses   2019年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:MDPI  

  • Transcriptome profiling reveals infection strategy of an insect maculavirus 査読

    Katsuma, S. Kawamoto, M. Shoji, K. Aizawa, T. Kiuchi, T.

    DNA Research   2018年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:oxford academic  

  • Characterization of a Bombyx mori nucleopolyhedrovirus variant isolated in Laos 査読

    Fujimoto, S. Kokusho, R. Kakemizu, H. Izaku, T Katsuma, S.

    J. Insect Biotechnol. Sericol.   86   85 - 94   2017年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Cloning and characterization of carboxyl terminus of heat shock cognate 70-interacting protein gene from the silkworm, Bombyx mori 査読

    Ohsawa, T. Fujimoto, S. Tsunakawa, A. Shibano, Y. Kawasaki, H.

    Comp. Biochem. Physiol. Part B   ( 201 )   29 - 36   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Inactivation of Bombyx mori macula-like virus under physical conditions 査読

    Kodai Uchiyama Hirofumi Fujimoto Susumu Katsuma Shigeo Imanishi Atsushi Kato

    In Vitro Cell. Dev. Biol. Anim.   in press   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Infection studies of nontarget mammalian cell lines with Bombyx mori macula-like virus 査読

    Innami, K. Aizawa, T. Tsukui, T. Katsuma, S. Imanishi, S.

    J. Virol. Methods   ( 229 )   24 - 26   2016年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Involvement of HSC70-4 and other inducible HSPs in Bombyx mori nucleopolyhedrovirus infection 査読

    Masashi Iwanaga Yuka Shibano Takeshi Ohsawa Takako Fujita Susumu Katsuma

    Virus research   179   113 - 118   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

▼全件表示

 

授業

  • 分子昆虫学  A000605

    2022年度  ( 大学 )

  • 生物とウイルスの関係学  B100390

    2022年度  ( 大学院 )

  • ゲノム解析論  A000423

    2022年度  ( 大学 )

  • 分子生物学実験  A000683

    2022年度  ( 大学 )

  • ウイルスの世界と生物の世界  G535340

    2022年度  ( 大学 )

  • 遺伝子工学  A000422

    2022年度  ( 大学 )

  • 分子生物学実験  A000683

    2021年度  ( 大学 )

  • 遺伝子工学  A000422

    2021年度  ( 大学 )

  • 生物とウイルスの関係学  B100390

    2021年度  ( 大学院 )

  • ウイルスの世界と生物の世界  G535340

    2021年度  ( 大学 )

  • ゲノム解析論  A000423

    2021年度  ( 大学 )

  • 分子昆虫学  A000605

    2021年度  ( 大学 )

  • アグリバイオサイエンスの展望と課題Ⅰ  A000426

    2021年度  ( 大学 )

  • アグリバイオサイエンス実験II  A000702

    2021年度  ( 大学 )

  • 生物資源の科学  G903020

    2021年度  ( 大学 )

  • 動物生産学概論  A000327

    2021年度  ( 大学 )

  • 生物科学実験  A000657

    2021年度  ( 大学 )

  • 分子生命科学II  A000060

    2021年度  ( 大学 )

▼全件表示