Updated on 2023/06/15

写真a

 
Hiroshige Fujii
 
Organization
School of International Studies Department of International Studies Associate Professor
Graduate School of Regional Development and Creativity Division of Social Design (Master's Course) Graduate Program in Global and Area Studies Associate Professor
Title
Associate Professor
Profile
滋賀県出身。法学士・法学修士(獨協大学)、Adv.LL.M(Leiden Grotius Centre)、博士(国際貢献:東京大学)。国連広報センターでのインターンや青年海外協力隊短期派遣(ガーナ)の他、リサーチコンサル(オランダ)、国連大学等で勤務。また、NGOや財団法人にて途上国の開発や難民支援業務、内閣府国際平和協力本部事務局にて国連平和維持活動に係る業務に従事。United Nations Unviersity, Global Leadership Training Programmeに選ばれケープタウン大学公法学研究科客員研究員(2016-2017)。その後、宇都宮大学国際学部助教(2017-2021)、宇都宮大学国際学部准教授(2021-現在)。主な受賞歴は、第17/18回宇都宮大学ベストレクチャー賞、令和4年度宇都宮大学若手研究者奨励賞、令和4年度宇都宮大学学長表彰 優秀賞【研究領域】、第9回若手難民研究者奨励賞、第16回社会倫理研究奨励賞等。

Degree

  • 博士(国際貢献) ( 東京大学 )

  • Adv.LL.M

  • 法学修士

Research Areas

  • Others / Others  / 国際法学

  • Others / Others  / 国際関係論

  • Others / Others  / 地域研究

Professional Memberships

  • 国際法学会

 

Papers

  • 国際刑事裁判所による司法介入とケニアの司法制度改革──ケニアでの不処罰終止に向けられた内と外の論理の変容 Reviewed

    国際政治   ( 210 )   79 - 94   2023.5

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 国際刑事法と難民法をめぐる課題に対する一考察―国際刑事裁判所による証人保護と難民条約除外条項の適用をめぐる分析を通して Reviewed

    難民研究ジャーナル   ( 12 )   74 - 85   2023.4

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • アフリカ連合による平和構築の課題および展望 ――2016年ガンビア大統領選挙後の移行期における取り組みを中心に Invited Reviewed

    広島平和研究   ( 10 )   13 - 32   2023.3

     More details

    Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 国際人権教育における若者参加の実践と課題 ― 「人権」と「参加」をめぐる課題解決型学習(PBL)の試み ―

    藤井広重、横山友輝、福原玲於茄

    宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター年報   ( 14 )   89 - 101   2022.3

     More details

    Authorship:Lead author, Corresponding author   Language:Japanese   Publishing type:Research paper (bulletin of university, research institution)  

  • ケニアにおける司法化する選挙と2022年大統領選挙の行方――司法化の進捗は選挙暴力を防ぐのか?―― Invited Reviewed

    藤井広重

    アフリカレポート   ( 60 )   7 - 18   2022.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)   Publisher:日本貿易振興機構アジア経済研究所  

    DOI: https://doi.org/10.24765/africareport.60.0_7

  • 国際刑事裁判所をめぐるアフリカ連合の対外政策の変容—アフリカの一体性と司法化の進捗からの考察 Reviewed

    藤井広重

    平和研究   57   137 - 165   2021.12

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

    DOI: https://doi.org/10.50848/psaj.57007

  • スーダン、バシール前大統領の国際刑事裁判所引き渡しに合意

    藤井広重

    外交   69   94 - 95   2021.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Part of collection (book)   Publisher:発行:外務省 企画・制作:都市出版株式会社  

  • 国際刑事裁判所(ICC)の設立とアフリカによる関与の実態 Reviewed

    藤井広重

    アジア・アフリカ研究   61 ( 3 )   49 - 68   2021.7

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 持続可能な開発目標(SDGs)の地域社会における実践と課題 - SDG16(平和と公正)をめぐる国際規範と地域性についての試論-

    宇都宮大学国際学部研究論集   2020.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 司法及び人権アフリカ裁判所設置議論の変容: 国際刑事裁判所との関係性からの考察 Reviewed

    アフリカレポート   2019

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 国連平和維持活動(PKO)文民要員の任務に関する一考察 ― 南スーダンにおける文民の保護サイトの展開と教訓 ―

    宇都宮大学国際学部研究論集   ( 46 )   2018.9

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 南アフリカにおける国際刑事裁判所脱退議論をめぐる考察 ―南アフリカICC法の展開と適用を中心に-

    宇都宮大学国際学部研究論集   2018.2

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • 南スーダンにおけるハイブリッド刑事法廷設置の試み?外と内の論理からの考察 Reviewed

    アフリカレポート   2016

     More details

    Language:Japanese   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

  • The Impact of ICC Interventions on Kenya, the Ivory Coast and Human Security ? A Comparative Analysis from the Initiation of Investigations to State Responses ? Reviewed

    Journal of Human Security Studies   2016

     More details

    Language:English   Publishing type:Research paper (scientific journal)  

▼display all

Books

  • 国連研究 国連と国際的な刑事裁判所: アフリカ連合による関与の意義、課題及び展望 Reviewed

    ( Role: Joint author)

    2016 

     More details

    Language:Japanese   Book type:Scholarly book

MISC

▼display all

Presentations

  • ケニア2010年憲法の改正をめぐる争点: 再燃する「架け橋イニシアティブ(BBI)」の行方

    日本アフリカ学会 第60回学術大会口頭報告  2023.5  日本アフリカ学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 主権国家体制と国際刑事裁判所による逮捕状発布―不処罰終止規範の拡大が難民条約除外条項へ与える影響を中心に Invited

    日本国際連合学会第 24 回(2023年度)研究大会プログラム ≪研究報告セッション2≫ 主権国家体制における人権保障と国連の機能  2023.6  日本国際連合学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • アフリカ連合における対外政策の形成過程に関する研究: 国際刑事裁判所とケニアを事例として Invited

    科学研究費基盤研究(B) 「集合的なニーズ・権利に関わるグローバルな正義の比較社会学的研究」研究会  2023.3  科学研究費基盤研究(B) 「集合的なニーズ・権利に関わるグローバルな正義の比較社会学的研究」研究会

     More details

    Venue:慶応大学  

  • アフリカと国際刑事裁判所:アフリカ連合の議論からみる〈アフリカの戦略〉という視座 Invited

    第16回社会倫理研究奨励賞受賞記念講演会  2022.12  南山大学社会倫理研究所

     More details

    Presentation type:Oral presentation (invited, special)  

    Venue:南山大学社会倫理研究所  

  • 国際刑事裁判所による司法介入と紛争後の制度構築:ケニア政治の司法化の事例から

    日本アフリカ学会 第58回学術大会口頭報告  2021.5  日本アフリカ学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • アフリカの司法化に関する検証: アフリカ連合における国際刑事裁判所をめぐる議論の展開とその変容を通して

    日本平和学会2021年度春季研究大会 アフリカ分科会   2021.5  日本平和学会

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • 国際刑事裁判所(ICC)の設立と アフリカによる関与の実態: 現状追従型国家の利益と変容に関する基礎考察 Invited

    アジア・アフリカ研究所研究会  2021.11  アジア・アフリカ研究所

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • アフガニスタンと国際刑事裁判所

    「アフガニスタンと平和」シンポジウム  2021.12  宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター

     More details

    Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

  • マリ、スーダン、南スーダンに対する援助/日本のODAと紛争 Invited

    藤井広重

    『日本の国際協力』アジア編、中東・アフリカ編、中南米編 出版記念シンポジウム   2021.12  宇都宮大学国際学部附属多文化公共圏センター

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Symposium, workshop panel (nominated)  

  • 国際刑事裁判での証人保護と難民条約除外条項の適用をめぐる課題:国際刑事法と国際難民法との調和に向けて Invited

    藤井広重

    第9回若手難民研究者奨励賞:中間報告会  2022.2  難民研究フォーラム

     More details

    Presentation type:Oral presentation (general)  

  • アフリカと国際刑事裁判所の位相:分析枠組みの構築に向けて

    アフリカ潜在力セミナー第3回次世代調査支援報告会   2020.6 

     More details

    Language:Japanese   Presentation type:Oral presentation (general)  

  • A Localized Approach to Implementing the SDGs through Collaborative Efforts between University and Municipality International conference

    The 19th Trilateral East Asian Seminar on the United Nations System   2019.11 

     More details

    Language:English   Presentation type:Oral presentation (general)  

    Venue:The Korea Foundation for Advanced Studies  

▼display all

Awards for Research Activities

  • 2022年度国際学部長賞

    2023.3   宇都宮大学国際学部  

  • 第16回社会倫理研究奨励賞

    2022.11   南山大学社会倫理研究所   国際刑事裁判所をめぐるアフリカ連合の対外政策の変容:アフリカの一体性と司法化の進捗からの考察

     More details

    Award type:International academic award (Japan or overseas) 

  • 令和4年度 学長表彰 優秀賞【研究領域】

    2022.11   宇都宮大学  

  • 令和4年度若手研究者奨励賞 宇都宮大学研究推進機構

    2022.10   宇都宮大学  

  • 第9回若手難民研究者奨励賞

    2021.6   難民研究フォーラム   国際刑事裁判での証人保護と難民条約除外条項の適用をめぐる課題:国際刑事法と国際難民法との調和に向けて

     More details

    Award type:International academic award (Japan or overseas) 

  • SDGs 推進研究奨励賞

    2019   宇都宮大学   国際人権人道規範の地域社会における受容プロセスに関する研究: SDGsを通じたグローカルな人材育成の試みを通して

    藤井広重

▼display all

Research Projects

  • アフリカ諸国の国際刑事裁判所からの脱退動向に関する複数事例研究

    Grant number:21K01343  2021.4 - 2025.3

    Grants-in-Aid for Scientific Research (KAKENHI)  Grant-in-Aid for Scientific Research(C)

      More details

    Authorship:Principal investigator 

    Grant amount:\3640000 ( Direct Cost: \2800000 、 Indirect Cost:\840000 )

  • 2020年度稲盛研究助成 アフリカにおける国際的な司法介入後の「レガシー」をめぐる実証研究:ICC被害者信託基金の活動を中心に

    2020 - 2021

    Research grant 

      More details

    Authorship:Principal investigator  Grant type:Competitive

    Grant amount:\1000000 ( Direct Cost: \1000000 )

Other research activities

  • [討論]日本国際政治学会2021年度研究大会 アフリカ分科会

    2021.10

 

Class

  • 卒業研究Ⅰ  K171037

    2022  ( University )

  • International Humanitarian Law in Theory and Practice  K170745

    2022  ( University )

  • 国際人権保障と平和構築Ⅰ  B100133

    2022  ( Graduate School )

  • 多文化共生基礎E(国際法)  K170205

    2022  ( University )

  • 国際人権保障と平和構築Ⅱ  B100142

    2022  ( Graduate School )

  • グローバル実践力基礎演習Ⅱ  K170302

    2022  ( University )

  • 卒業研究Ⅱ  K171040

    2022  ( University )

  • International Protection of Human Rights  K170569

    2022  ( University )

  • 卒業研究準備演習  K599537

    2022  ( University )

  • 国際共生研究D(国際法演習)  K170736

    2022  ( University )

  • 国際化と人権  G401718

    2022  ( University )

  • 卒業研究準備演習  K599537

    2021  ( University )

  • 卒業研究Ⅱ  K171040

    2021  ( University )

  • International Humanitarian Law in Theory and Practice  K170745

    2021  ( University )

  • グローバル実践力基礎演習Ⅱ  K170302

    2021  ( University )

  • 多文化共生基礎E(国際法)  K170205

    2021  ( University )

  • 国際化と人権  G401718

    2021  ( University )

  • 国際人権保障と平和構築Ⅱ  B100142

    2021  ( Graduate School )

  • 国際人権保障と平和構築Ⅰ  B100133

    2021  ( Graduate School )

  • 卒業研究Ⅰ  K171037

    2021  ( University )

  • 国際共生研究D(国際法演習)  K170736

    2021  ( University )

▼display all

Award for Educational Activities

  • 第2位 2022年国際人道法ロールプレイ大会国内予選

    2022.12   赤十字国際委員会(ICRC)駐日代表部  

    Winner:藤井広重研究室

    コーチ

  • 第2位 2022年国際人道法模擬裁判大会国内予選

    2022.12   赤十字国際委員会(ICRC)駐日代表部  

    Winner:藤井広重研究室

    コーチ

  • 第18回(2020年度) 宇都宮大学ベストレクチャー賞

    2022.1   宇都宮大学  

    基盤教育科目:国際化と人権

  • 第17回(2019年度) 宇都宮大学ベストレクチャー賞

    2021.1   宇都宮大学  

    基盤教育科目:国際化と人権

 

Social Activities

  • 「国際問題を考える」高校生との春の交流会 子どもの国際人権ワークショップ

    Lecturer, Advisor, Informant, Planner, Organizing member, Report writing

    宇都宮大学国際学部   宇都宮大学国際学部 2022年度 宇都宮大学国際学部公開セミナー  2023.3

  • 「国際問題を考える」高校生との夏の交流会 子どもの国際人権ワークショップ

    Lecturer, Advisor, Planner, Organizing member, Report writing

    宇都宮大学国際学部  宇都宮大学国際学部 2022年度 宇都宮大学国際学部公開セミナー  2022.8