2024/05/10 更新

写真a

ミズシゲ タカフミ
水重 貴文
Takafumi Mizushige
所属
農学部 応用生命化学科 准教授
研究推進機構 バイオサイエンス教育研究センター 准教授
地域創生科学研究科 博士前期課程 工農総合科学専攻 農芸化学プログラム 准教授
東京農工大学大学院 連合農学研究科 博士後期課程 応用生命科学専攻 准教授
職名
准教授

学位

  • 博士(農学)

研究キーワード

  • ペプチド

  • アミノ酸

  • 認知機能

  • 情動

  • 生物化学

  • 脳神経

研究分野

  • ライフサイエンス / 食品科学

所属学協会

  • 日本農芸化学会

  • 日本アミノ酸学会

  • 日本栄養・食糧学会

 

論文

  • Dietary Alaska Pollack Protein Induces Acute Skeletal Muscle Hypertrophy in Rats, Regardless of Specific Amino Acid and Amino Acid Balance of Diet. 査読

    Uchida K, Fujitani M, Mizushige T, Hayamizu K, Hara Y, Sawai M, Utsunomiya S, Uehigashi R, Okada S, Kishida T.

    Nutraceuticals   3 ( 4 )   513 - 528   2023年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/nutraceuticals3040037

  • Mechanism of Soy Isoflavone Daidzein-Induced Female-Specific Anorectic Effect. 査読

    Fujitani M, Mizushige T, Adhikari S, Bhattarai K, Kishida T.

    Metabolites   12 ( 3 )   252   2022年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/metabo12030252.

  • Dietary Alaska Pollack Protein Induces Acute and Sustainable Skeletal Muscle Hypertrophy in Rats. 査読

    Uchida K, Fujitani M, Mizushige T, Kawabata F, Hayamizu K, Uozumi K, Hara Y, Sawai M, Uehigashi R, Okada S, Goto-Inoue N, Morisasa M, Kishida T.

    Nutrients   14 ( 3 )   547   2022年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.3390/nu14030547.

  • Neuromodulatory peptides: Orally active anxiolytic-like and antidepressant-like peptides derived from dietary plant proteins. 査読

    Mizushige T.

    Peptides   142   170569   2021年8月

     詳細を見る

    担当区分:筆頭著者   記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

    DOI: 10.1016/j.peptides.2021.170569.

  • LIPID DYNAMICS DUE TO MUSCLE ATROPHY INDUCED BY IMMOBILIZATION 査読

    木村圭祐 森笹瑞月 水重貴文 蕪山由己人 早坂孝弘

    Journal of Oleo Science   2021年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Prolyl‐hydroxyproline, a collagen‐derived dipeptide, enhances hippocampal cell proliferation, which leads to antidepressant‐like effects in mice 査読

    Nogimura D Mizushige T Taga Y Nagai A Shoji S

    The FASEB Journal   2020年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dipeptide tyrosyl-leucine exhibits antidepressant-like activity in mice. 査読

    Mizushige T Uchida T Ohinata K

    Sci Rep   10 ( 1 )   2257   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Orally administered milk-derived tripeptide improved cognitive decline in mice fed a high-fat diet. 査読

    Nagai A Mizushige T Matsumura S Inoue K Ohinata K

    FASEB J   33 ( 12 )   14095 - 14102   2019年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dietary Alaska pollack protein improves skeletal muscle weight recovery after immobilization-induced atrophy in rats. 査読

    Fujitani M Mizushige T Kawabata F Uozumi K Yasui M

    PLoS One   14 ( 6 )   e0217917   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Ginger-degraded collagen hydrolysate exhibits antidepressant activity in mice. 査読

    水重貴文 野木村大 永井研迅 三ツ橋春香 楠畑雅

    Journal of Nutritional Science and Vitaminology   2019年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dietary daidzein induces accumulation of S-equol in enterohepatic circulation to far higher levels than that of daidzein in female rats with and without ovariectomy 査読

    Fujitani M Mizushige T Bhattarai K Adhikari S Ishikawa J

    Biomed Res   2019年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Enzymatic digest of whey protein and wheylin-1, a dipeptide released in the digest, increase insulin sensitivity in an Akt phosphorylation-dependent manner. 査読

    Ogiwara M Ota W Mizushige T Kanamoto R Ohinata K

    Food Funct.   2018年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Absorption and metabolism of orally administered collagen hydrolysates evaluated by the vascularly perfused rat intestine and liver in situ. 査読

    Osawa Y Mizushige T Jinno S Sugihara F Inoue N

    Biomed Res   39 ( 1 )   1 - 11   2018年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • l-Ornithine and l-lysine stimulate gastrointestinal motility via transient receptor potential vanilloid 1. 査読

    Nakato J Ho YY Omae R Mizushige T Uchida K

    Mol Nutr Food Res.   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Lacto-ghrestatin, a novel bovine milk-derived peptide, suppresses ghrelin secretion. 査読

    Aoki H Nakato J Mizushige T Iwakura H Sato M

    FEBS Lett   2017年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • l-Ornithine stimulates growth hormone release in a manner dependent on the ghrelin system. 査読

    Ho YY Nakato J Mizushige T Kanamoto R Tanida M

    Food Funct   2017年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Rational identification of a novel soy-derived anxiolytic-like undecapeptide acting via gut-brain axis after oral administration. 査読

    Ota A Yamamoto A Kimura S Mori Y Mizushige T

    Neurochem Int.   2017年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • コラーゲン加水分解物の消化吸収動態と生理機能 査読

    蕪山由己人 大澤吉弘 水重貴文

    アミノ酸研究   11 ( 1 )   13 - 22   2017年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:日本アミノ酸学会  

  • Fish protein hydrolysate exhibits anti-obesity activity and reduces hypothalamic neuropeptide Y and agouti-related protein mRNA expressions in rats. 査読

    Mizushige T Komiya M Onda M Uchida K Hayamizu K

    Biomed Res   2017年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Dynamics of appetite-mediated gene expression in daidzein-fed female rats in the meal-feeding method. 査読

    Fujitani M Mizushige T Bhattarai K Iwahara A Aida R

    Biosci Biotechnol Biochem.   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • A novel Alaska pollack-derived peptide, which increases glucose uptake in skeletal muscle cells, lowers the blood glucose level in diabetic mice. 査読

    Ayabe T Mizushige T Ota W Kawabata F Hayamizu K

    Food Funct   2015年8月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Antidepressant-like effect of food-derived pyroglutamyl peptides in mice. 査読

    Yamamoto Y Mizushige T Mori Y Shimmura Y Fukutomi R

    Neuropeptides.   2015年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The opioid system contributes to the acquisition of reinforcement for dietary fat but is not required for its maintenance. 査読

    Sakamoto K Matsumura S Okafuji Y Eguchi A Yoneda T

    Physiology & Behavior   138   227 - 235   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Inc.  

  • Fish protein intake induces fast-muscle hypertrophy and reduces liver lipids and serum glucose levels in rats. 査読

    Kawabata F Mizushige T Uozumi K Hayamizu K Han L

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   79 ( 1 )   109 - 116   2015年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry  

  • The daidzein- and estradiol- induced anorectic action in CCK or leptin receptor deficiency rats 査読

    Fujitani M Mizushige T Bhattarai K Iwahara A Aida R

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   2015年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • The opioid system contributes to the acquisition of reinforcement for dietary fat but is not required for its maintenance 査読

    Sakamoto K Matsumura S Okafuji Y Eguchi A Yoneda T

    Physiology & Behavior   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier Inc.  

  • Orally administered δ opioid agonist peptide rubiscolin-6 stimulates food intake in aged mice with ghrelin resistance. 査読

    Miyazaki Y Kaneko K Iguchi S Mizushige T Kanamoto R

    Molecular Nutrition & Food Research   2014年

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)  

  • Identification of novel β-lactoglobulin-derived peptides, wheylin-1 and -2, having anxiolytic-like activity in mice. 査読

    Yamada A Mizushige T Kanamoto R Ohinata K

    Molecular Nutrition & Food Research   58 ( 2 )   353 - 358   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-VCH Verlag  

  • Characterization of Ile-His-Arg-Phe, a novel rice-derived vasorelaxing peptide with hypotensive and anorexigenic activities. 査読

    Kontani N Omae R Kagebayashi T Kaneko K Yamada Y

    Molecular Nutrition & Food Research   58 ( 2 )   359 - 364   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:WILEY-VCH Verlag  

  • δ-Opioid receptor activation stimulates normal diet intake but conversely suppresses high-fat diet intake in mice. 査読

    Kaneko K Mizushige T Miyazaki Y Lazarus M Urade Y

    The American Journal of Physiology - Regulatory, Integrative and Comparative Physiology   306 ( 4 )   R265 - R272   2014年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The American Physiological Society  

  • Increased levels of extracellular dopamine in the nucleus accumbens and amygdala of rats by ingesting a low concentration of a long-chain Fatty Acid. 査読

    Adachi S Endo Y Mizushige T Tsuzuki S Matsumura S

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   77 ( 11 )   2175 - 2180   2013年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry  

  • The vagotomy alleviates the anorectic effect of an excess amount of dietary leucine on rats fed a low-protein diet. 査読

    Yoshimura R Ho YY Mizushige T Ohinata K Kanamoto R

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   77 ( 7 )   1593 - 1594   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry  

  • Characterization of Tyr-Leu-Gly, a novel anxiolytic-like peptide released from bovine αS-casein. 査読

    Mizushige T Sawashi Y Yamada A Kanamoto R Ohinata K

    FASEB J.   27 ( 7 )   2911 - 2917   2013年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Federation of American Societies for Experimental Biology  

  • Aromatic amino acid-leucine dipeptides exhibit anxiolytic-like activity in young mice. 査読

    Mizushige T Kanegawa N Yamada A Ota A Kanamoto R

    Neuroscience Letters   543   126 - 129   2013年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Novel CCK-dependent vasorelaxing dipeptide, Arg-Phe, decreases blood pressure and food intake in rodents. 査読

    Kagebayashi T Kontani N Yamada Y Mizushige T Arai T

    Molecular Nutrition & Food Research   56 ( 9 )   1456 - 1463   2012年9月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley-VCH  

  • Characterization of ovolin, an orally active tryptic peptide released from ovalbumin with anxiolytic-like activity. 査読

    Oda A Kaneko K Mizushige T Lazarus M Urade Y

    Journal of Neurochemistry   122 ( 2 )   356 - 362   2012年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:International Society for Neurochemistry  

  • Complement C5a exhibits anxiolytic-like activity via the prostaglandin D2-DP1 receptor system coupled to adenosine A2A and GABAA receptors. 査読

    Miyamoto C Yoshida M Yoshikawa M Mizushige T Ohinata K

    Prostaglandins & Other Lipid Mediators   98 ( 1-2 )   17 - 22   2012年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Dietary fat ingestion activates β-endorphin neurons in the hypothalamus. 査読

    Matsumura S Eguchi A Okafuji Y Tatsu S Mizushige T

    FEBS Letters   586 ( 8 )   1231 - 1235   2012年4月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Active zone density is conserved during synaptic growth but impaired in aged mice. 査読

    Chen J Mizushige T Nishimune H

    Journal of Comparative Neurology   520 ( 2 )   434 - 452   2012年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Wiley Periodicals Inc.  

  • Fast-twitch muscle hypertrophy partly induces lipid accumulation inhibition with Alaska pollack protein intake in rats. 査読

    Mizushige T Kawabata F Uozumi K Tsuji T Kishida T

    Biomedical Research   31 ( 6 )   347 - 352   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biomedical Research Press  

  • Preference for dietary fat induced by release of beta-endorphin in rats. 査読

    Mizushige T Saitoh K Manabe Y Nishizuka T Taka Y

    Life Sciences   84 ( 21-22 )   760 - 765   2009年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Assessing palatability of long-chain fatty acids from the licking behavior of BALB/c mice. 査読

    Yoneda T Saitou K Asano H Mizushige T Matsumura S

    Physiology & Behavior   96 ( 4-5 )   735 - 741   2009年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Colocalization of GPR120 with phospholipase-Cbeta2 and alpha-gustducin in the taste bud cells in mice. 査読

    Matsumura S Eguchi A Mizushige T Kitabayashi N Tsuzuki S

    Neuroscience Letters   450 ( 2 )   186 - 190   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Contribution of gustation to the palatability of linoleic acid. 査読

    Saitou K Yoneda T Mizushige T Asano H Okamura M

    Physiology & Behavior   96 ( 1 )   142 - 148   2009年1月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Mercaptoacetate inhibition of fatty acid beta-oxidation attenuates the oral acceptance of fat in BALB/c mice. 査読

    Matsumura S Saitou K Miyaki T Yoneda T Mizushige T

    The American Journal of Physiology - Regulatory, Integrative and Comparative Physiology   295 ( 1 )   R82 - R91   2008年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The American Physiological Society  

  • Dietary soy isoflavone-aglycone lowers food intake in female rats with and without ovariectomy. 査読

    Kishida T Mizushige T Ohtsu Y Ishikawa S Nagamoto M

    Obesity   16 ( 2 )   290 - 297   2008年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:The Obesity Society  

  • Reinforcing effect for corn oil stimulus was concentration dependent in an operant task in mice. 査読

    Yoneda T Taka Y Okamura M Mizushige T Matsumura S

    Life Sciences   81 ( 23-24 )   1585 - 1592   2007年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • The palatability of corn oil and linoleic acid to mice as measured by short-term two-bottle choice and licking tests. 査読

    Yoneda T Saitou K Mizushige T Matsumura S Manabe Y

    Physiology & Behavior   91 ( 2-3 )   304 - 309   2007年6月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • Inhibitory effects of soy isoflavones on cardiovascular collagen accumulation in rats. 査読

    Mizushige T Mizushige K Miyatake A Kishida T Ebihara K

    Journal of Nutritional Science and Vitaminology   53 ( 1 )   48 - 52   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Nutrition and Food Science  

  • GPR expression in the rat taste bud relating to fatty acid sensing. 査読

    Matsumura S Mizushige T Yoneda T Iwanaga T Tsuzuki S

    Biomedical Research   28 ( 1 )   49 - 55   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biomedical research Press  

  • Daily increase of fat ingestion mediated via mu-opioid receptor signaling pathway. 査読

    Mizushige T Matsumura S Yoneda T Tsuzuki S Inoue K

    Biomedical Research   27 ( 6 )   259 - 263   2006年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biomedical research Press  

  • POMC and orexin mRNA expressions induced by anticipation of a corn-oil emulsion feeding are maintained at the high levels until oil ingestion. 査読

    Mizushige T Kawai T Matsumura S Yoneda T Kawada T

    Biomedical Research   27 ( 5 )   227 - 232   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元:Biomedical Research Press  

  • Lowering effect of an isoflavone-rich fermented soybean extract on the serum cholesterol concentrations in female rats, with or without ovariectomy, but not in male rats. 査読

    Kishida T Mizushige T Nagamoto M Ohtsu Y Izumi T

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   70 ( 7 )   1547 - 1556   2006年7月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元: Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry  

  • Lack of an inducible effect of dietary soy isoflavones on the mRNA abundance of hepatic cytochrome P-450 isozymes in rats 査読

    Kishida T Nagamoto M Ohtsu Y Watakabe M Ohshima D

    Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   68 ( 3 )   508 - 515   2004年3月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   出版者・発行元: Japan Society for Bioscience, Biotechnology, and Agrochemistry  

▼全件表示

書籍等出版物

  • コラーゲンの機能と応用

    真野博、君羅好史( 担当: 分担執筆)

    シーエムシー出版  2023年11月  ( ISBN:978-4-7813-1760-1

     詳細を見る

    総ページ数:201   担当ページ:60-67   記述言語:日本語   著書種別:教科書・概説・概論

MISC

  • Neuromodulatory peptides: Orally active anxiolytic-like and antidepressant-like peptides derived from dietary plant proteins 査読

    水重貴文

    Peptides   142   170569   2021年5月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Elsevier  

  • 食品由来ペプチドの脳神経調節作用に関する研究 査読

    水重貴文

    日本栄養・食糧学会誌   2021年

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本栄養・食糧学会  

  • 大豆イソフラボンの雌特異的食欲抑制作用 査読

    藤谷美菜 水重貴文 岸田太郎

    日本ポリフェノール学会雑誌   9   29 - 34   2020年9月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本ポリフェノール学会  

  • 魚タンパク質の栄養と機能ー筋肉重量増加効果を中心にー 査読

    岸田太郎 水重貴文 川端二功 速水耕介 岡田晋治

    アミノ酸研究   13 ( 1 )   11 - 20   2020年2月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:日本アミノ酸学会  

  • コラーゲンペプチドの機能性について

    蕪山由己人 水重貴文

    日本食品安全協会会誌   14 ( 1 )   12 - 20   2019年1月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:一般社団法人日本食品安全協会  

  • Why is fat so tasty? Chemical reception of fatty acid on the tongue. 査読

    Mizushige T Inoue K Fushiki T

    Journal of Nutritional Science and Vitaminology   53 ( 1 )   1 - 4   2007年2月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:記事・総説・解説・論説等(学術雑誌)   出版者・発行元:Japan Society of Nutrition and Food Science  

▼全件表示

講演・口頭発表等

  • コラーゲンペプチドの脳神経調節作用 招待

    水重貴文、蕪山由己人

    日本農芸化学会2024年度大会  2024年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2024年3月

    記述言語:日本語   会議種別:シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)  

    開催地:東京  

  • コラーゲンペプチドは海馬インスリンシグナルを活性化し認知機能を改善する

    大濵直輝、水重貴文、橋本颯太、多賀祐喜、楠畑雅、蕪山由己人

    日本アミノ酸学会第17回学術大会  2023年10月  日本アミノ酸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2023年9月 - 2023年10月

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:福岡  

  • 食品ペプチドの脳機能調節作用 招待

    水重貴文、蕪山由己人

    日本アミノ酸学会第9回夏のシンポジウム  2022年8月  日本アミノ酸学会

     詳細を見る

    開催年月日: 2022年8月

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:松山  

  • 関節固定による筋萎縮時の脂質代謝動態

    木村圭佑 森笹瑞季 水重貴文 蕪山由己人 早坂孝宏

    日本農芸化学会2021年度大会  2021年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 不運動・軽運動モデルに対する魚肉タンパク質の効果の検証

    森笹瑞季 木村圭佑 水重貴文 蕪山由己人 内田健志

    日本農芸化学会2021年度大会  2021年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 食品由来ペプチドの脳神経調節作用に関する研究

    水重貴文

    第74回日本栄養食糧学会大会  2020年5月  日本栄養食糧学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:仙台  

  • メラノーマ皮膚癌細胞の増殖に対するアミノ酸栄養及び温度の影響評価

    小石川眞紀 三浦亮太郎 水重貴文 蕪山由己人

    第74回日本栄養食糧学会大会  2020年5月  日本栄養食糧学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

  • 廃用性筋委縮の回復時においてスケソウダラ由来タンパク質配合餌の摂取が骨格筋肥大に与える影響の解析

    木村圭佑 森笹瑞季 水重貴文 蕪山由己人 唐澤陸央

    第74回日本栄養食糧学会大会  2020年5月  日本栄養食糧学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

  • コラーゲン分解物は社会的敗北ストレスにより誘導される神経炎症を抑制する

    野木村大 水重貴文 多賀祐喜 楠畑雅 吉澤史昭

    第74回日本栄養食糧学会大会  2020年5月  日本栄養食糧学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

  • コラーゲン由来環化ペプチドは経口投与後海馬に移行し,認知機能を向上させる

    飯塚真理乃 水重貴文 多賀祐喜 野木村大 岩井ミチ

    第74回日本栄養食糧学会大会  2020年5月  日本栄養食糧学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

  • そば摂取がうつ様行動に及ぼす影響とそのメカニズム解析

    佐藤史佳 水重貴文 田村由自 野木村大 金野尚武

    第74回日本栄養食糧学会大会  2020年5月  日本栄養食糧学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

  • 環状ペプチドを含むコラーゲン加水分解物の皮膚光老化に対する影響解析

    阿久津歩夢 篠原日菜子 多賀祐喜 楠畑雅 水重貴文

    第74回日本栄養食糧学会大会  2020年5月  日本栄養食糧学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:仙台  

  • コラーゲン由来ペプチドの脳内移行

    高橋佳菜 水重貴文 多賀祐喜 楠畑雅 蕪山由己人

    日本アミノ酸学会第14回学術大会  2020年11月  日本アミノ酸学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • そばタンパク質の抗うつ作用と そのメカニズム

    佐藤史佳 水重貴文 田村由自 茗花美幸 金野尚武

    日本アミノ酸学会第14回学術大会  2020年11月  日本アミノ酸学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 熱処理コラーゲン分解物由来 ペプチドの体内動態および 認知機能向上作用

    飯塚真理乃 水重貴文 多賀祐喜 楠畑雅 蕪山由己人

    日本アミノ酸学会第14回学術大会  2020年11月  日本アミノ酸学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:オンライン  

  • 鮒ずし由来乳酸菌FS-1株の免疫賦活による感染症予防効果

    篠原日菜子 阿久津歩夢 吉田恵里子 内田健志 韓力

    日本農芸化学会2019年度大会  2019年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • コラーゲン由来ペプチドの投与がマウスの皮膚創傷治癒に与える影響の解析

    佐藤侑紀 須永真実 水重貴文 蕪山由己人

    日本農芸化学会2019年度大会  2019年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 高脂肪食摂取による認知機能低下に対する牛乳由来ペプチドの改善機構

    古川太一 永井研迅 水重貴文 松村成暢 井上和生

    日本アミノ酸学会第13回学術大会  2019年10月  日本アミノ酸学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:盛岡  

  • コラーゲン分解物の認知機能向上作用とその活性成分の同定

    飯塚真理乃 野木村大 多賀祐喜 岩井ミチ 楠畑雅

    日本アミノ酸学会第13回学術大会  2019年10月  日本アミノ酸学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:盛岡  

  • コラーゲン分解物が海馬モノアミン代謝に及ぼす影響

    野木村大 多賀祐喜 楠畑雅 安達真一 吉澤史昭

    日本アミノ酸学会第13回学術大会  2019年10月  日本アミノ酸学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:盛岡  

  • 廃用性筋委縮の回復時において魚肉摂取が骨格筋肥大に与える影響の解析

    木村圭佑 井上菜穂子 森笹瑞季 水重貴文 蕪山由己人

    日本アミノ酸学会第13回学術大会  2019年10月  日本アミノ酸学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:盛岡  

  • 魚肉タンパク質摂取の廃用性筋萎縮の回復に対する影響

    唐澤陸央 金丸千夏 木村圭佑 森笹瑞季 内田健志

    日本アミノ酸学会第13回学術大会  2019年10月  日本アミノ酸学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:盛岡  

  • 社会的敗北ストレスモデルにおけるコラーゲン分解物の抗うつ作用と神経炎症への影響

    野木村大 水重貴文 多賀祐喜 楠畑雅 蕪山由己人

    日本農芸化学会2020年度大会  2020年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • ジヒドロキシプロリン含有ペプチドの有機合成とその生理活性について

    堀優希 二瓶賢一 水重貴文 蕪山由己人

    日本農芸化学会2020年度大会  2020年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:福岡  

  • 牛乳由来ペプチドは高脂肪食摂取に伴う認知機能低下を改善する

    永井研迅 水重貴文 金本龍平 大日向耕作

    日本農芸化学会2018年度大会  2018年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:名古屋  

  • コルチコステロン投与マウスにおけるコラーゲン分解物の抗うつ作用とその作用に対するドーパミン神経の関与

    野木村大 三ツ橋春香 多賀祐喜 楠畑雅 服部俊治

    日本アミノ酸学会第12回学術大会  2018年9月  日本アミノ酸学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • コラーゲン由来ペプチドが培養海馬神経幹細胞の増殖に及ぼす影響

    庄司紗代 水重貴文 蕪山由己人

    日本アミノ酸学会第12回学術大会  2018年9月  日本アミノ酸学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • ジヒドロキシプロリン含有ペプチドの抗酸化特性の評価

    堀優希 二瓶泰雅 鈴木稔朗 三井美彩 三田千鶴

    日本アミノ酸学会第12回学術大会  2018年9月  日本アミノ酸学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 高脂肪食摂取による認知機能低下に対する牛乳由来ペプチドの改善作用

    永井研迅 水重貴文 松村成暢 井上和生 大日向耕作

    日本アミノ酸学会第12回学術大会  2018年9月  日本アミノ酸学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • コラーゲン加水分解物の消化吸収動態と生理機能

    蕪山由己人 水重貴文

    日本アミノ酸学会 第7回夏のシンポジウム  2017年8月  日本アミノ酸学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:箱根  

  • 海馬における神経幹細胞の増殖および神経栄養因子の発現に及ぼすコラーゲン分解物の影響

    野木村大 永井研迅 多賀祐喜 楠畑雅 林田治

    日本アミノ酸学会第11回学術大会  2017年9月  日本アミノ酸学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:京都  

  • コラーゲンペプチドPro-Hypの抗うつ作用

    永井研迅 東奈央 水重貴文 蕪山由己人

    第71回日本栄養食糧学会大会  2017年5月  日本栄養食糧学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:那覇  

  • コラーゲン由来抗うつペプチドの同定およびその脳脊髄液への移行

    永井研迅 東奈央 水重貴文 蕪山由己人

    日本農芸化学会第2回関東支部例会  2017年10月  日本農芸化学会関東支部

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(招待・特別)  

    開催地:東京  

  • コラーゲン由来抗うつペプチドの同定およびその脳脊髄液への移行

    永井研迅 東奈央 水重貴文 蕪山由己人

    日本農芸化学会2017年度大会  2017年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:京都  

  • Lysine and ornithine stimulate but arginine suppresses gastrointestinal motility

    Nakato J Ho YY Kaneko K Mizushige T Kanamoto R

    第37回日本神経科学大会  2014年9月  日本神経科学会

     詳細を見る

    記述言語:英語   会議種別:ポスター発表  

    開催地:横浜  

  • 卵白由来の動脈弛緩ペプチドVVRFは血圧降下作用および摂食抑制作用を併せ持つ

    大前諒 奥田千夏 紺谷徳泰 金子賢太朗 水重貴文

    第68回日本栄養食糧学会大会  2014年5月  日本栄養食糧学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

  • 大豆由来動脈弛緩ペプチドのN末端修飾と血圧降下作用の持続化

    奥田知夏 大前諒 紺谷徳泰 水重貴文 金本龍平

    第68回日本栄養食糧学会大会  2014年5月  日本栄養食糧学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

  • 魚肉タンパク質由来ペプチドの糖代謝改善作用とその作用機構

    綾部達宏 水重貴文 速水耕介 横井香里 辻智子

    第68回日本栄養食糧学会大会  2014年5月  日本栄養食糧学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

  • 情動調節におけるBMP経路の新しい役割

    水重貴文 石田祐己 金本龍平 大日向耕作

    第68回日本栄養食糧学会大会  2014年5月  日本栄養食糧学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:札幌  

  • 大豆由来の新規ペプチドは経口投与により迷走神経を介して抗不安作用を示す

    太田 水重貴文 鈴木 柴田 金本龍平

    日本農芸化学会2014年度大会  2014年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

  • 牛乳由来ペプチドTyr-Leu-Glyの 海馬神経新生作用および抗うつ作用

    内田 水重貴文 金本龍平 大日向耕作

    日本農芸化学会2014年度大会  2014年3月  日本農芸化学会

     詳細を見る

    記述言語:日本語   会議種別:口頭発表(一般)  

    開催地:東京  

▼全件表示

研究活動に関する受賞

  • 食品由来ペプチドの脳神経調節作用に関する研究

    2020年5月   日本栄養・食糧学会   日本栄養・食糧学会奨励賞

    水重 貴文

  • コラーゲン由来抗うつペプチドの同定およびその脳脊髄液への移行

    2017年3月   日本農芸化学会   日本農芸化学会2017年度大会トピックス賞

    永井 研迅、東 奈央、水重 貴文、蕪山 由己人

 

授業

  • データサイエンス入門  G283010

    2022年度  ( 大学 )

  • 食と細胞の科学  A001540

    2022年度  ( 大学 )

  • 基礎化学実験Ⅱ  A000665

    2022年度  ( 大学 )

  • データサイエンス入門  G283010

    2021年度  ( 大学 )

  • 食と細胞の科学  A001540

    2021年度  ( 大学 )